• ホーム
  • インスタのストーリーには質問募集機能もある

インスタのストーリーには質問募集機能もある

2019年11月17日

インスタのストーリーにはいくつかの機能がありますが、そのひとつは質問募集をする機能です。これは質問箱ともいわれており、インターネット上では昔からあるサービスのひとつでした。インスタはこの機能よりは、少し個性的な機能を追加しています。

とはいえ、これは普通の投稿では使えません。基本的にはこちらもストーリーズという特別な機能にプラスされたもので、内容も個性的です。やり方としては、まず、インスタの質問募集昨日はインスタの投稿画面で動画などを選択します。次に、スタンプの中から質問というスタンプを選びましょう。そして、質問を問いかけるような文章を入力していきます。

文章についてはあまり長い文章ではなく、短文を的確に伝えるようにしましょう。また、返答も出来ますので回答がついたらその内容に返答を送ることも出来ますので、そこからコミュニケーションを楽しんでもよいでしょう。

回答する方としては、質問つきのストーリーが投稿されたら、その内容に回答していきましょう。基本的にストーリーの上の回答の部分に文章を入力していきますが、顔文字なども使う事が出来ます。また、回答をチェックした後に質問した人から返事が来ることもあります。気をつけたいのは、これは匿名の回答ではありません。よくある質問箱とは違い、アカウントの送信者が分かってしまうので何でも書けるわけではなく、送信する内容にも気をつける必要があるのです。

ちなみに、回答への返答仕方は、その投稿したストーリーズをチェックして回答がついたものは下から上にスワイプすると、返事の内容が分かります。当然複数の回答も出来ますし、一斉に回答する事も出来るでしょう。このため、複数の返事をするのが面倒な場合は一括でまとめてお返事してしまうのも効率的です。

返答仕方にはほかにもいろいろあり、特定の人にだけ返事する、別でダイレクトメールで返事をする、普通の投稿でお返事するという方法もあるのです。

なお、文字数には制限があり、あまり長文を送信することはできません。一説には文字数制限は36文字となっていますから、その制限以上の文字が必要ならテキスト入力機能を使って活用するのも方法です。また、質問は匿名ではありませんが、既にいるユーザーの誰かにつける事も出来ます。このため、だれに対して送ったかが分かり、比較的簡単に誰が送ったかもわかってしまいます。このため、荒らしのような文章や礼を欠いた文章を送るのはそもそもマナー違反ですので注意しましょう。